賢く資産運用するために必要な知識を学ぶ

これから伸びる分野

リロケーションを扱う会社の選び方

リロケーションを取り扱う会社の第一のポイントは信用とされ、バロメーターとしてはリロケーション物件の管理数が1番判断し易いとされています。管理物件が多い会社は、情報やトラブル解決のテクニックを多く持っているとされており、ネットワークが充実しているとされています。提携不動産会社なども多く、入居者募集から決定までがスピーディーかつ入居者の質も良いとされています。 更に、賃貸物件オーナーの1番の不安である明け渡し保証や家賃保証に留まらず、納税管理人代行など様々の付帯サービスを持っている会社が多いので、自分に必要なサービスと総合的な管理費用を比較検討すべきです。 金銭的な問題や会社のシステムは非常に重要な事ですが、特に不動産に関するトラブルを解決するのは人だとされ、海外赴任となれば契約してから数年間顔を合わさ無い事も想定されるので、営業担当の人柄や能力を見極めておく必要もあります。

認知度の低いリロケーションのメリット

リロケーションは、出張や転勤などによる留守宅を賃貸するシステムです。 20年以上前より、1部の大手企業で社員の留守宅を社員に貸し出す借上社宅制度としてリロケーションを行っていましたが、賃貸物件の明け渡しが法律で確約されないので、当時一般向けの物件は皆無です。 新しい定期借家権により、期限付き賃貸物件の明け渡しが法律で確約され、リロケーション市場が急激に拡大しています。 リロケーションは、オーナーと借主の双方にメリットがあります。 オーナーは、留守中の自宅を管理して貰え定期的に賃料収入が有り、契約終了後に期間の延長無く明け渡される利点があります。しかし、リロケーションの認知度が低い為に、賃貸物件周囲の賃料相場より低めに賃料を設定する工夫も必要とされます。借主にとっては、数年毎の更新料が不要となり、高品質の物件に割安な賃料で住む事が出来る利点もあります。

↑ PAGE TOP