賢く資産運用するために必要な知識を学ぶ

全室の家賃を保証

サブリース

サブリースとは、部屋のまた貸しのことをいいます。不動産業界において、サブリースは盛んに利用されている手法です。不動産会社がアパートやマンションのオーナーから一括して部屋を借り上げてきて、それを各賃貸人に貸し出していくのです。なぜこのようなサブリースが行われるかと言えば、空き室リスクを回避するためだとされています。 マンションのオーナーは、サブリースを利用すれば、空き室がなくなるため、月々の家賃収入が安定して確保できるようになるのです。また、賃貸物件の管理も一括して不動産業界にやってもらえるので、管理の手間も省けて一石二鳥というわけです。 不動産会社にとってみても、サブリースを使えば、条件のよい賃貸物件を一度に確保できるというメリットがあります。

サブリースを利用する際にかかる平均的な価格

不動産賃貸業を経営する上で、サブリース契約を締結することがあります。家主にとっては安定した家賃収入を得ることができるメリットがありますが、中にはどの程度の費用が発生するのか分からず、サブリース契約の締結を躊躇する人も少なくありません。そのためまずはサブリース契約に関する費用について知っておく必要があります。 サブリース契約を締結する際に発生する費用として、管理維持費用があります。これは一括借上した際の家賃のパーセンテージによって定められていることが多く、平均的な価格として、おおよそ10%から20%程度としている企業が多いです。また修繕費などに関しては、サブリース会社が一般的に負担するため、急な費用が必要になることはあまりありません。 サブリース契約に関する費用の相場を知り、お得に契約を締結することをお勧めします。

↑ PAGE TOP